• instagram
  • facebook

19世紀後半にデザインされたコロンビアはヴィクトリア朝初期に流行したグリフィン(ギリシャ神話に登場する鷲とライオンの間に生まれた架空の動物)がゴールドレイズで描かれています。 これはヴィクトリア朝の装飾文様として流行していたものですが上流階級の社会から抜け出して様々な生活用品の装飾に使われ始め「日常生活を美的にする」、ムーヴメントに繋げたものです。 ウィリアム・モリスは「レッサー・アート」と呼び、実用的しかも芸術品である日常芸術の走りとなったものです。未使用の素晴らしい状態です。

制作年代:       1970年代製
サイズ:           カップ:5.6cm x 5.8cm, ソーサー:12.2cm

コロンビアパウダーブルー カップ&ソーサー

30,000
0point

+ −

残りあと6個